×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピーNOTE

〜悩みの多いアトピーと前向きに付き合うために〜

非アレルギー的側面に見るアトピー性皮膚炎

知識を蓄え、アトピー性皮膚炎の改善を望む、地道な努力は決して無駄にはなりません。

■避けたい、アトピー性皮膚炎へのリンスの刺激

「バリア機能」の低下した皮膚にとって、日常、頻繁に使われる「石鹸」でさえも強い刺激になって、アトピー性皮膚炎の発症に繋がってしまう事は前項で話しましたが、「石鹸」に限らず、身の回りには「非アレルギー的側面」に影響を与えるモノはたくさんあります。

「石鹸」と同じように、身体を清潔に保つ為に使われるにも関わらず、「皮膚の刺激」になってしまうのが、洗髪時に使用される「シャンプー剤」や「リンス剤」です。
これらは、身体全般に使う事が多い「石鹸」よりも、往々にして刺激は強めに作られているようで、「石鹸」以上に注意が必要です。洗髪後は十分に「すすぎ」をして、頭以外でも「ションプー剤」や「リンス剤」の付着して箇所があったら、よく、洗い流して下さい。
特に「リンス剤」は軽い「すすぎ」で済ます人も多いようですが、これをやってしまうと、「毛先が皮膚に触れる」当たり前の事が、強い刺激になってしまい、アトピー性皮膚炎の炎症に繋がる事もあります。

また、気温があがり、汗ばんでくると、落としきれていない「リンス剤」と「汗」とが混ざりあって、皮膚を刺激してしまうようの事も起こってしまいますから、注意が必要でしょう。
「汗」が皮膚を刺激する話は以前にした通りですから、それと、「リンス剤」、2つの要素が重なってしまうと、「バリア機能」の低下した皮膚にとっては、大きなダメージになります。

化粧品によるアトピーは対処が困難 >


関連ページ

HOME LINK

    NEXT
BACK

Copyright(C) 2006 アトピーNOTE. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。