×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピーNOTE

〜アトピーの持つ数々の悩みと前向きに付き合うために〜

更新日2012年03月10日
近年、アトピー性皮膚炎は代表的な現代病のひとつと言われ、小さな赤ちゃんから中高齢の男女を問わず、激しい痒みに辛い思いをしている人も大勢いるのが現状です。その原因はある程度、解明されてはいますが、根本的な治療に繋がるような特効薬は残念ながら作られるに至ってはいません。
その為、薬物治療で症状を押さえ、良くなった皮膚の状態を日々のスキンケア・生活習慣でいかに保てるかが大切になってきます。統計的にアトピー性皮膚炎を発症してしまう人の皮膚は、とにかく、外的な刺激に敏感に反応してしまう皮膚ですから、それを保護するには多少の労力とコツが必要です。
私も30年以上、この厄介な病と付き合ってきた訳ですが、その中で学んできた対処法や知識をこのHPでは紹介して行こうと思います。

アトピー性皮膚炎とはこういう症状を繰り返す病気

アトピー性皮膚炎などアレルギーを誘発する原因を「アレルゲン」といいますが、皮膚科にいくと血液検査で自分がどのような物質に強いアレルギー反応を示すのか、その「アレルゲン」を調べる事もできます。気になる人は1度調べてもらう事をおすすめします。アトピー性皮膚炎の・・・
増加するアトピー性皮膚炎

発症年齢によるアトピー性皮膚炎の傾向

アトピー性皮膚炎は季節や生活習慣によって症状が変化する他に、年齢によっても症状や発症部分に違いがでてきます。「赤ちゃんアトピー」の場合、その症状は1歳前に起きる事が多く、特に顔や頭、耳の付け根などに湿疹ができます。食物アレルギー、ダニアレルギーなど・・・
赤ちゃんアトピーと食物アレルギー

アトピーはこのように複雑な症状を示す

アトピー性皮膚炎を経験した事のある人なら誰でも「炎症部分を掻く変わりに叩く」という行為はやった事があると思いますが、これを目の周辺でやってしまうと、その衝撃が引き金となり「網膜剥離」を引き起こしてしまう恐れがあるのです。小さい頃から、これを繰り返して行った為に・・・
目の周りの刺激とアトピー性皮膚炎

生活に潜むアトピー性皮膚炎の原因

「アトピー素因」を持ちながら、幼少期には比較的、健康に過ごし、自分自身がアトピー性皮膚炎になる可能性があるなど微塵も思わず、しかし、成人し、歳を重ねると共に、アトピーを発症する「大人アトピー」の人もいます。また、幼少期にアトピーは発症しなかったものの、先に・・・
アレルギーの連鎖とアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とアレルギー反応との関係

アトピー性皮膚炎についての話の中で「アレルギー反応」という言葉をよく耳にすると思うのですが、このアトピーと深い関わりを持つ、「アレルギー反応」とは一体どういったものなのでしょうか。 私たちの身体は有害物質や細菌などから、自分自身の身体を守るための複雑なシステ・・・
免疫機構の過剰とアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎には様々なアレルゲンがある

「環境アレルゲン」は言葉の通り、環境の中に潜み、「アレルギー反応」を起こさせる発症因子といえるものです。この「環境アレルゲン」で、まず挙げられる、代表的なものといえば、「コナヒョウダニ」「ヒョウダニ」といって「ダニ類」です。アトピー性皮膚炎の原因として、誰もが聞いた・・・
ダニのいる環境はアトピーにはマイナス

皮膚のバリア機能とアトピー性皮膚炎

・・・「赤ちゃん肌」と言われるものです。 外的な刺激に弱く、皮膚のバリア機能が弱まっている状態である為に、アトピー性皮膚炎などの肌トラブルが起こりやすくなっているものと考えられます。 こういった、皮膚傾向を持つ人は、ほとんどの場合、自覚症状があるもので、自己流の・・・
皮膚バリアの強弱とアトピー性皮膚炎の関係

非アレルギー的側面に見るアトピー性皮膚炎

・・・つまり、「アレルギー反応」にまつわる「抗原=アレルゲン」だけを避けるような考え方では、症状改善に繋がる可能性を狭めてしまいかねないという事です。「アレルギー反応」を抑えるには薬物療法が中心になる訳ですが、その根本に「非アレルギー的側面」が関わって・・・
総括的なアトピー性皮膚炎の対策を

ストレスとアトピー性皮膚炎

・・・この他にも考えれば切りがない程、「アトピー性皮膚炎」の切っかけになりそうな要因は、私たちの生活の中に隠れていて、それら全てから「刺激」や「影響」を受けないように暮らしていくのは、無理と言わなくてはなりません。ここで大切なのは、「出来るかぎりのアトピー性・・・
アトピー性皮膚炎と上手く付き合う

アトピー性皮膚炎が「治る」意味

・・・これらの事実は、アトピー性皮膚炎になるには、そうなるだけの「素因」が絡んでいて、「赤ちゃんアトピー」「子どもアトピー」の場合は「完治」も望めますが、「大人アトピー」では、完治する事は非常に難しいと感じるかも知れません。実際、症状が良くなる事と、悪くなる事・・・
「良くなる」事とアトピー性皮膚炎の完治について

皮膚科に行く前に知っておきたいアトピー知識

・・・自分自身で判断の付かない場合、ネットなどで調べる人も多いと思いますが、「どうも、アトピー性皮膚炎のような気がする」と思ったら、まずは、早めに皮膚科に行かれる事をお勧めします。 アトピー性皮膚炎が近年増えている関係もあり、皮膚科医であれば、症状を観察し、・・・
アトピー性皮膚炎の診断の前に

アトピー性皮膚炎にはこんな合併症がある

アトピー性皮膚炎の原因のひとつに、これまで、何度も「バリア機能」の低下を挙げてきましたが、これによる細菌などの体内への侵入はアトピー性皮膚炎との、思わぬ合併症を起こす事もあります。アトピーの痒みによって、掻き壊された皮膚は、それらの感染を容易にしてしま・・・
水いぼの合併症とアトピー性皮膚炎



Profile

サボテンとアトピーは関係ありません…
  • HN:ウクレレ
  • アトピー歴:30年とちょっと。
  • 現在の症状:
    症状は中程度。ステロイドでコントロールできる状態。
  • 気を付けていること:
    *基本ですが、爪は短く。
    *食事はあまり摂り過ぎない。(飲酒を含む)
    *入浴後はすぐに着込まない、就寝しない。
    *なるべく、薄着。
    (特に就寝時)
    *痒みがきたら、まず冷やしてみる。

 

カレンダー

アトピー?カレンダー

 

お知らせ

  • 2006年7月☆サイトスタート
  • サイドメニュー☆色々追加
  • リンク集の整理

 

お気に入り画像

アトピーとパラソル画像…
  • 青いパラソル
子牛とアトピー関係ないです…
  • うとうと・・・
これもアトピーには関係ないですね…
  • どこかの宮殿?
夏が終わればアトピーの痒みも多少治まるでしょう。
  • そろそろ夏も終わり

MAP LINK

    NEXT

Copyright(C) 2006 アトピーNOTE. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。