×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピーNOTE

〜悩みの多いアトピーと前向きに付き合うために〜

発症年齢によるアトピー性皮膚炎の傾向

知識を蓄え、アトピー性皮膚炎の改善を望む、地道な努力は決して無駄にはなりません。

■赤ちゃんアトピーと食物アレルギー

アトピー性皮膚炎は季節や生活習慣によって症状が変化する他に、年齢によっても症状や発症部分に違いがでてきます。
「赤ちゃんアトピー」の場合、その症状は1歳前に起きる事が多く、特に顔や頭、耳の付け根などに湿疹ができます。食物アレルギー、ダニアレルギーなど原因は様々ですが、お母さんが妊娠中や授乳期に卵などに代表されるアレルゲンの摂取を控えると、赤ちゃんのアトピー発症率が低下するといった報告もあります。

赤ちゃんが食物アレルギーによるアトピーである疑いが高い場合、原因となる食べ物を制限すれば、症状が改善する事が多いですが、これは、赤ちゃんの栄養状態にも関わりますから、お母さんの独断で行わず、お医者さんに良く相談してから行ったほうがいいと思います。

赤ちゃんの薄い皮膚には「乳児しっしん」といわれるものができる事がありますが、これはアトピー性皮膚炎とは違います。何かアトピーらしき湿疹ができたからといって慌てずに、病院で、まず、血液検査を受け、その湿疹の原因を探りましょう。
もし、アトピーではないと診断されても、その赤ちゃんは、肌が敏感なのかもしれません。肌や衣類を清潔に保って、保湿を心がけるなどのケアをしてあげて下さい。

子どもアトピーは50〜60%の子どもは完治 >


関連ページ

HOME LINK

    NEXT
BACK

Copyright(C) 2006 アトピーNOTE. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。