×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピーNOTE

〜悩みの多いアトピーと前向きに付き合うために〜

発症年齢によるアトピー性皮膚炎の傾向

知識を蓄え、アトピー性皮膚炎の改善を望む、地道な努力は決して無駄にはなりません。

■子どもアトピーは50〜60%の子どもは完治

2〜10歳くらいまでの「子どもアトピー」は「赤ちゃんアトピー」に見られたような「耳の付け根」などにも症状は出やすいのですが、ひじの内側、ひざ裏など「関節のよく曲げる部分」にもアトピーがよく見られるようになります。

一般的にこの期間にアトピーを持っていても、約30%ほどの子どもは小学生に上がる頃にはアトピーの症状は治まり、さらに、小学校を卒業する頃には50〜60%の子どもは完治すると言われています。
しかし、それとは逆に、1人で入浴するようになるのを境に、湯船にあまり浸からなくなったり、身体の洗い方が雑になったりの理由から症状が悪くなる事もあるようです。

また、小学校高学年になり部活動をするようになると、汗をかき、汚れる事が日常茶飯事になる為にアトピーが治りにくくなる場合もあります。私の場合も小学5年生にバスケットボール部に入部した頃から、一時期、治まっていた症状が再発した記憶があります。

赤ちゃんアトピー・子どもアトピーとも季節で言うと冬の方が悪くなる傾向にあります。これは大人に比べ、皮脂分泌が弱い為と思いますので、冬場の保湿はしっかりとしてあげて下さい。

大人アトピーは、なぜ治りづらいか >


関連ページ

HOME LINK

    NEXT
BACK

Copyright(C) 2006 アトピーNOTE. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。