×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピーNOTE

〜悩みの多いアトピーと前向きに付き合うために〜

発症年齢によるアトピー性皮膚炎の傾向

知識を蓄え、アトピー性皮膚炎の改善を望む、地道な努力は決して無駄にはなりません。

■大人アトピーは、なぜ治りづらいか

20歳を越し、成人になってもアトピーが完治しない場合は、これを「大人アトピー」と呼んだりします。もちろん、乳児・幼児・子ども時代にアトピー性皮膚炎が見られなかった人が、成人になってアトピーを発症する場合も「大人アトピー」と言えます。

成人になってからアトピーを発症してしまう理由としては、社会に出てからの「ストレス」や「喫煙」、飲酒」が増えたり、「睡眠不足」が続くなどの理由や、それに付随する「免疫力の低下」などが考えられます。

よく言われる事なのですが、「大人になっても完治しないアトピーは治りづらい」といいます。子どもの場合は成長と共に体質が変化し、それに伴いアトピーも改善する可能性が高いのですが、大人は体質も決定されてしまい、完治の為の劇的な体質変化の機会はもう、ない為に「治りづらい」といわれるのでしょう。

私も「大人まで持ち越してしまったアトピー持ち」なので、医者からも「完全に治る事はありません。」といわれているのですが、何とか症状が軽くなるような方法はないものかと毎日、模索しています。

人目に付きやすい大人アトピー >


関連ページ

HOME LINK

    NEXT
BACK

Copyright(C) 2006 アトピーNOTE. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。