×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピーNOTE

〜悩みの多いアトピーと前向きに付き合うために〜

アトピー性皮膚炎とはこういう症状を繰り返す病気

知識を蓄え、アトピー性皮膚炎の改善を望む、地道な努力は決して無駄にはなりません。

■生活の中のアトピー性皮膚炎

1度、アトピーが現れ、酷くなってしまった皮膚は「かさぶた」が剥がれた直後のような、皮膚が薄い状態になり、外的な刺激により敏感になります。こうなると痒みはすぐに起こってしまいますし、掻けば、あっという間に血がでて、皮膚表面は熱を持って腫れてしまうのです。

アトピー性皮膚炎の現れるタイミングには個人差はありますが、それぞれに決まった季節や時期、生活の中でのある特定の行動によって引き起こされる場合など、特徴があるものです。
季節や時期でいえば、夏、暑い時期の「体温上昇」「発汗」と、冬、寒い時期の「肌の乾燥」などが挙げられるでしょう。行動による切っ掛けとしては「飲酒」や「残業が続いた時」、「睡眠不足」などが、すぐに思いつきますが、その他にも「ある特定の繊維を使用した衣服を着用した時」「伸びた髪が皮膚を刺激した時」といった、その人特有の切っ掛けもあります。

ピンとこない人は「季節や天気」「日々の行動」と「アトピーの症状」を関連づけした日記を付けてみる事をおすすめします。アトピー性皮膚炎の治療の為に、その症状についての情報は大切です。その日の「食事」なども書き留めておくといいでしょう。辛い「刺激物」によって症状を悪くしてしますケースは多々あるようです。

赤ちゃんアトピーと食物アレルギー >


関連ページ

HOME LINK

    NEXT
BACK

Copyright(C) 2006 アトピーNOTE. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。