×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピーNOTE

〜悩みの多いアトピーと前向きに付き合うために〜

アトピー性皮膚炎とはこういう症状を繰り返す病気

知識を蓄え、アトピー性皮膚炎の改善を望む、地道な努力は決して無駄にはなりません。

■複合的な要因がアトピー性皮膚炎にはある

「アレルゲン」を知るための血液検査の結果はもちろん人それぞれだと思いますが、私の場合は「ハウスダスト」に一番強い反応がありました。ペットも飼っていたので、「イヌ」や「ネコ」についての反応も調べて貰ったのですが、ほとんど、反応はありませんでした。

それまでも、部屋の掃除はしていたのですが、この結果を知った後は、かなりマメに掃除をするようになりました。ただ、残念ながら、それだけでアトピー性皮膚炎の症状が劇的に改善したかといえば、そうではありません。やはり、アトピーは複合的な要因がいくつも関わりあって発症しているという事が、この事からも良く分かる気がします。
アトピー性皮膚炎を発症する人の肌は元々が外的な刺激に敏感に反応してしまう肌ですから、ひとつの原因を考えるのではなくて、あらゆる事に気を配らなければ、なかなか、症状は安定してくれません。

「あらゆる事に気をくばる」と言うと、何か気が遠くなってしまいそうですが、自分の症状をしっかりと把握し、日常生活の中で気を付けなければならないポイントを押さえておけば、漠然と考える程には、難しい事ではありません。

「奇妙な」を意味するアトピー性皮膚炎 >


関連ページ

HOME LINK

    NEXT
BACK

Copyright(C) 2006 アトピーNOTE. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。