×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピーNOTE

〜悩みの多いアトピーと前向きに付き合うために〜

生活に潜むアトピー性皮膚炎の原因

知識を蓄え、アトピー性皮膚炎の改善を望む、地道な努力は決して無駄にはなりません。

■アレルギーの連鎖とアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎を患っている人の多くは「小児ぜんそく」や「アレルギー鼻炎」、また、最近では、花粉症などの発症率も高いと言われています。
私自身も、これら全てを経験していますが、このような「アレルギー症の連鎖」が起きてしまうのは、これらには、全て「アトピー素因」が関わり、それを有している人は、この「連鎖」を起こしやすい、という事ができるのです。

「アトピー素因」の影響を、幼少期から強く受ければ、「赤ちゃんアトピー」や「子どもアトピー」になる可能性は高く、それを、大よそ、小学校を卒業する頃までに改善できなければ、成人まで持ち越して、「大人アトピー」になってしまいます。
それとは、逆に、「アトピー素因」を持ちながら、幼少期には比較的、健康に過ごし、自分自身がアトピー性皮膚炎になる可能性があるなど微塵も思わず、しかし、成人し、歳を重ねると共に、アトピーを発症する「大人アトピー」の人もいます。
また、幼少期にアトピーは発症しなかったものの、先に挙げたような「小児ぜんそく」や「鼻炎」に悩まされ続けた挙句、成人すると共に「大人アトピー」の仲間入りをしてしまう「中間型」も存在します。

成人してからの「突然型」や「中間型」の人がアトピー性皮膚炎を発症する切っかけになるのは、大抵が、虫に刺された時の、ちょっとした「かぶれ」「炎症」や、冬場の「カサカサ肌」に少し痒みを感じ掻いてしまった、といった、ほんの些細なものが多いようです。
この些細な切っかけを上手くケアできれば、最悪の場合、一生付き合わなければならない、アトピー性皮膚炎を発症させずに済むのです。もし、今現在、そのような、「ちょっとした炎症」が気になり、このページを読んでいる人がいれば、慎重に、十分なケアをするようにして下さい。

生活習慣と密接に関わるアトピー性皮膚炎 >


関連ページ

HOME LINK

    NEXT
BACK

Copyright(C) 2006 アトピーNOTE. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。
[LINK]ニキビ [PR]薄毛育毛 [PR]レーシック