×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピーNOTE

〜悩みの多いアトピーと前向きに付き合うために〜

ストレスとアトピー性皮膚炎

知識を蓄え、アトピー性皮膚炎の改善を望む、地道な努力は決して無駄にはなりません。

■アトピー性皮膚炎と上手く付き合う

前項では、生活の中の身近な「アトピー要因」として「排気ガス」を取り上げましたが、私たちに悪影響を及ぼしていると思われるものは、他にもたくさんあり、「建築で使われる塗料」に含まれる化学物質、「衣類の製造」過程で使われる加工薬品なども、これに含まれるでしょう。

この他にも考えれば切りがない程、「アトピー性皮膚炎」の切っかけになりそうな要因は、私たちの生活の中に隠れていて、それら全てから「刺激」や「影響」を受けないように暮らしていくのは、まず、無理と言わなくてはなりません。
ここで大切なのは、「出来るかぎりのアトピー性皮膚炎対策はする」という姿勢と同時に、「出来ない事は出来ない」と割り切る部分をはっきりと自覚する事です。

「何もかもやらなくてはならない」という思いが「ストレス」になれば、その「ストレス」自体が「アトピー性皮膚炎」発症の誘因になってしまう事もあるからです。

アトピーを発症してしまう人の特徴として、「ストレス」などを切っかけに容易に「自律神経」を乱してしまう事が挙げられます。
実は、この「ストレス=自律神経の乱れ」が「アトピー性皮膚炎」には問題なのです。

ストレスはアトピー性皮膚炎を誘発する >


関連ページ

HOME LINK

    NEXT
BACK

Copyright(C) 2006 アトピーNOTE. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。