×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピーNOTE

〜悩みの多いアトピーと前向きに付き合うために〜

ストレスとアトピー性皮膚炎

知識を蓄え、アトピー性皮膚炎の改善を望む、地道な努力は決して無駄にはなりません。

■ストレスはアトピー性皮膚炎を誘発する

アトピー性皮膚炎にとって、その予防は何よりも大切な事ですが、それを完璧に行う事は、私たちの身の回りにアトピーの原因となる「刺激」が溢れている以上、とても無理な事で、寧ろ、「完璧な予防が出来ない」事で起きる「ストレス=自律神経の乱れ」がアトピー性皮膚炎にとって、大きな障害になり得る点を前項までに話ました。

「ストレス」がどれだけ、肌の健康にマイナスかといえば、「アトピー性皮膚炎でない人」を思い浮かべて下さい。
「過度の仕事疲れ」や、受験勉強による「睡眠不足」が重なれば、「アトピー性皮膚炎でない人」でも、肌が荒れ、吹き出物やニキビが出来てしまいます。女性の「最近、寝不足が続いてるから、お化粧のノリが良くない」といったセリフはよく聞かれることです。

「アトピー性皮膚炎でない人」でさえ、そうなのですから、「アトピー性皮膚炎を持っている人」なら、その影響は、さらに、大きくなってしまうのは、自明の理といわなけえばなりません。
特に気を付けたいのが「心理的なストレス」と言えるでしょう。「過度の仕事疲れ」や「睡眠不足」以上に、これらは、私たちの「免疫力」は著しく、低下させ、「アレルギー反応」を起きやすい状態にしてしまいます。

如何にアトピーの為にストレスを溜めないか >


関連ページ

HOME LINK

    NEXT
BACK

Copyright(C) 2006 アトピーNOTE. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。