×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピーNOTE

〜悩みの多いアトピーと前向きに付き合うために〜

アトピー性皮膚炎にはこんな合併症がある

知識を蓄え、アトピー性皮膚炎の改善を望む、地道な努力は決して無駄にはなりません。

■掻く事で白内症にもなるアトピー性皮膚炎

前項では、アトピー性皮膚炎の目の周りの痒みのせいで、そこを叩いたり、強く擦ったりする刺激が網膜剥離を起してしまうケースについて話しました。アトピー性皮膚炎の原因のひとつに、これまで、何度も「バリア機能」の低下を挙げてきましたが、これによる細菌などの体内への侵入はアトピー性皮膚炎との、思わぬ合併症を起こす事もあります。また、アトピーの痒みによって、目の周りを掻いたり、擦ったりする刺激で、目に纏わる合併症を起す事もあります。

◆白内症

白内障は、眼の中でカメラのレンズのような役割をする「水晶体」が濁ってしまい、見るものが、ぼやけたり、霞んだりする病気です。
普通、水晶体は年齢を重ねるごとに、少しずつ濁っていくもので、老化現象のひとつと考えられていますが、アトピー性皮膚炎との合併症の場合、それとは関係なく、目の周りを激しく掻く行為や、ステロイド外用薬の使用が原因ではないか、といわれています。

白内症はいったん発症すると回復の見込みはなく、軽度の場合は、その進行を抑える為の薬物療法を行いますが、「効果は不明」といった見解を示す機関もあります。
症状が酷い場合は、人工レンズを使用するなどの外科手術を行なうこともあります。現在では医療技術の進歩によって、点眼麻酔による無痛手術が可能になっているようです。

アトピー性皮膚炎に多い円錐角膜 >


関連ページ

HOME LINK

    NEXT
BACK

Copyright(C) 2006 アトピーNOTE. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。