×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピーNOTE

〜悩みの多いアトピーと前向きに付き合うために〜

皮膚科に行く前に知っておきたいアトピー知識

知識を蓄え、アトピー性皮膚炎の改善を望む、地道な努力は決して無駄にはなりません。

■アトピー性皮膚炎の原因をスクラッチテストで知る

前項では、「T型アレルギー反応」に関連して増殖し、ロイトコイシンなどの影響を受けてしまうと、アトピー性皮膚炎にマイナスに作用する好酸球の検査についてお話しました。皮膚科では、これ以外に、その人のアレルギーについての傾向を把握し、これからの治療の方針に役立てるために、幾つかの検査が行われる事があります。あくまでも参考程度のものですが、自分自身のアレルギーの傾向を知る機会にもなり、有用な情報といえるかもしれません。

◆スクラッチテスト

アレルギー反応の中でも、特に即時性として知られる「T型アレルギー反応」のアレルゲンを調べる為の検査が「スクラッチテスト」です。どういった種類のアレルゲンに反応が現れるかを調べる事ができます。

方法としては、腕の内側の皮膚に針先で5ミリ程の引っ掻き傷を作り、そこに、その人のアレルギー反応を引き起こしている可能性の高い、アレルゲン液をたらし、様子をみます。
15分ほどして皮膚が、赤くなったり、蚊にさされたように隆起していないかをチャック、また、痒みが起こっていないかなどもチェックします。

皮膚に何らかの異常が見られた場合は、使用したアレルゲン液に含まれる物質に反応する抗体を、その人が持っている事になりますから、それが、その人のアトピー性皮膚炎の原因のひとつである可能性が高い、と推測できる訳です。

パッチテストで分かるアトピー性皮膚炎 >


関連ページ

HOME LINK

    NEXT
BACK

Copyright(C) 2006 アトピーNOTE. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。